風  2017年12月

「おいちゃん、おばちゃんよ、俺は堅気になってから「すみだ学習ガーデン」という団体でよ、初めてボランティアちゅうやつを17年間も続けてきたんだよ。ところが来年度はよ、もうその活動ができなくなってしまうって言う噂話を聞いたんだよ。俺はこれから何したらいいんだよ…。そうか、また風の吹くまま、気の向くまま、旅にでも出るか。それじゃー、あばよ!」(寅)

 

20代に趣味などから親友になった二人と快晴の日にスカイツリーへ、天空からの眺望は360°の素敵な絵巻物。街並みは日の光を受け宝石の様に輝きおとぎの世界に。夢のひとときを満喫が、眼下に見える地図の案内表記に驚く。三ツ目通りや水戸街道を指し江戸通りと案内、日本橋へ続く道として紹介。道は繋がってこそ便利、その名は一つが分かりやすい。(環)

 

港区白金台にある自然教育園には、武蔵野を代表する草原や雑木林が残り、季節によって彩を変える。樹木と触れ合うことでその不思議さを学び、また、観察する我々に安らぎを与え、心身ともにリフレッシュさせてくれる。何回訪れても新しい気付きがあり、その恩恵を感じている。更に樹木の生き様を見ることで、感性を磨き、新しい視点で観察ができるようがんばりたい。(ピース)

 

今年も残り少なに。皆さんは新年をどのように迎える予定ですか。新年と言えば新年の季語に去年今年(こぞことし)という言葉があります。「去年今年貫く棒の如きもの」(高浜虚子)。去る年と来る年を一つの棒に例える。うまい比喩ですね。さて「みらい」はどうなることでしょう。<目を閉づや湯船に浮かぶ去年今年>(裕)

 

台北紀行(その73)桃園機場から車で1時間半ほどで北投の高台に位置する五つ星ホテル「北投麗禧温泉酒店」に到着。室内にある深くて広い花崗岩で作られた二つの湯ぶねは温泉(白磺泉)と水風呂で 外の景色と一体化し心と身体を癒してくれる。大好きな鼎泰豐や夜市にも行かず、違う台北の非日常の顔を見つけた温泉の旅。次はどこへ行こうかな…。(季)

 

法要が終わり、お寺の玄関にはMy靴がすでに並べてあった。はて、棚に入れたはず、どなたか気を利かせてくれたのだろう。が、履くと違和感を覚えた。サイズが小さく、踵が高い、靴ひもの結び方も違う。どうしても見当たらなかったので、泣く泣く家まで帰った。今頃どなたが履いているのやら。似てはいるけれど貴殿の靴に比べてそれは安物ですぞ、と言いたい。(み)

 

1985年以降表計算ソフトではMS(Microsoft)社の「Multiplan」が人気だったが、まもなく機能面から「Lotus1-2-3」に王座を奪われ、MS社は威信をかけたExcelの開発と進化を武器に血で血を洗う大バトルの末、ついにMS社が奪還を果たし、一時「簡易言語」と言わしめた表計算ソフトはとてつもない普及と進化を続け現在に至っている。(ー)