後援会員

後援会員とは、すみだ学習ガーデンの事業を資金的に応援する企業・団体・個人のことです。年会費は1口3000円です。後援会員には学習ガーデンのイベント(トレンドセミナーなど一部、ご招待もあります)などをご案内します。

すみだ学習ガーデンは、これからも区民による生涯学習推進のさきがけとして、有意義な事業を展開してまいります。皆さまのあたたかいサポートをお待ちしています。後援会員は随時募集していますので、興味をお持ちの方は、下記すみだ学習ガーデン事務局にお問い合わせください。


後援会員ご紹介

リンクをクリックすると会員さまのホームページを見ることができます。



後援会員の声

いつもすみだ学習ガーデンをサポートしていただき、ありがとうございます。

後援会員の皆さまを順不同ですが、『みらい』編集チームの取材でご紹介します。

今回は、皆さまにすみだ学習ガーデンに寄せる思いを語っていただきました。

仕事帰りに受講できるといいですね

株式会社 島田商店 嶋田 喜行さん

 

島田商店 会長嶋田喜行さんすみだ生涯学習センター(ユートリヤ)近くに、薬品の卸業の島田商店さんがあります。会長の嶋田さんにお話を伺いました。

日頃講座を受けたいと思っていたところに、後援会員の依頼があり、後ろから支援できるのであればと、引き受けられました。

「仕事や町会のこともあり、時間が取れなくて、夜間の講座で短いものがあればいいのですが、まだ受講できずにいます。語学や地域の歴史、町のことも知らないので学びたいです。古いものやボヘミアン的なこと

「島田商店」は、東向島広小路近くにありますが好きなんです」と笑みがこぼれます。50歳の時には、趣味の投稿が縁で、旧東海道を土日を使い一年かけて踏破。この原稿が友人の好意で一冊の本になりました。(素晴らしいです!)

東向島二丁目町会副会長として、消防・防災にも活躍されています。「すみだ学習ガーデンの皆さんにも、同じ町会の一員として、これからもご協力をお願いします」

長年のご支援、そして取材に快く対応くださり感謝します。 (取材・文 石橋)

子どもが大人と一緒に家族のように楽しめる講座を

季節料理 大将 渡邉 勲 さん、健一郎さん

 

季節料理 大将 渡邉勲、健一郎さん親子渡邉さん親子は東武線曳舟駅近くで12年、ユートリヤ近くの明治通りに移転して1年、合わせて13年、東向島で季節料理店「大将」を営まれています。 さくらカレッジ講座やサークル活動の後、グループで来店される方も多いとか。先日もユートリヤ祭(発表会)に誘われてユートリヤに行ったばかりとのこと。お客さまを通じて学習ガーデンの活動にも参加されていました。

 

「学習ガーデンに望みたいことは何ですか? 」と伺うと、「大人と子どもが共に学び合う講座がいいね」と答えが返ってきました。

なるほど、核家族、少子化と言われて久しいですが、そんな講座があったら、子どもは生きる知恵を学ぶことができるし、大人は元気をもらうことができますね。今後の参考にさせていただきます。開店に向けて忙しい時、快く取材に応じていただきありがとうございました。 (取材・文 玉井、武本)

「お勧めはボリューム満点のちゃんこ料理です」

地域の活性化に生涯学習講座を役立てて欲しい
出沼木工所 出沼 章 さん

 

立花で建具製造業をされている出沼木工所さんを紹介します。出沼さんは一昨年、すみだ学習ガーデンの学習サポーターとして活躍している友人の活動を支援するために、お仲間の高池さんと共に後援会員になられたそうです。地域では町会や老人会と幅広く活躍されています。ご自身はすみだ学習ガーデンに来られることはあまりないとのことですが、ご家族は昨年の11月に開催したユートリヤ祭でダウンタウンゴスペラーズの一員として歌声を披露されていました。
 「地域的にはご高齢の方が多く、なかなか学習ガーデンが主催する講座に足を運べないのが現状で出沼章さんす。そこで講師の方が出張してくれる講座があればと思います。こうした対応で町の活性化に生涯学習が役に立つのではないでしょうか」
お話を伺った後、工場を拝見しました。木材を切断する機械や圧縮する機械を実際に動かしてくださったので、繊細な建具が製造されている様子を垣間見ることができました。当日は職場体験の中学生も見学に来ていました。
 今回は登場いただけなかった高池工務店の高池さんも、これからの活動に期待されているとのこと。三人の友情と学習ガーデンへのご協力が末長く続きますように。 (取材 真田)

仕事の後に通える体操講座の企画を・・・・
アトリエ花みずき フラワーデザイナー 只木 廣胡さん

季節の花々や色とりどりの鉢植えに誘われて、思わず立ち寄りたくなるフラワーショップ「アトリエ花みずき」。八広にあるこの店をご夫婦で営まれているフラワーデザイナーの只木さんは、さくらカレッジの講師でもあります。後援会員になられたのは一昨年ですが、ユートリヤとのつながりは古く、建った当初から花の展示会やブライダルブーケショーなどを開催されてきたそうです。
 「店から近いユートリヤにある学習ガーデンは本当に身近な存在です。さくらカレッジ講座発表会の展示では、どの講座からも力作が出品され、毎回素晴らしいと感心しています。今後は夜に通える《少し年配向けの体操講座》ができたらうれしいですね」
 年配向けの教室を希望されるとは思えない、若さあふれる只木さんでした。
(取材・猿渡)

これからも身近な存在であって欲しい。
株式会社 やざわ商店 社長 谷沢 正行さん


矢沢正行さん東向島で五十年以上も前から、卒業証書やアルバムの表紙に使う織物の卸業をされている「やざわ商店」。会社の隣にユートリヤが建って間もなく、「気がついたら自然と……」後援会員になられていたそうです。
 「以前、パソコン講座を2回ほど受講したことがあります。家族も『こども一芸ひろば』や『ユートリヤ祭』などを見に行っています。町内会ではパソコン関連のことを相談したりと、近くなのでとても利用しやすいですね」と話されます。

最後に、趣味で作られたという可愛い布の靴を見せていただきました。手が込んでいて難しいとのことですが、いつか、生涯学習としてお手並みを披露してくださる機会があればと思いました。
お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました。
(取材・真田)

講座やイベントには、すみだの文化資源を積極的に活用すべきです。
玉の肌石鹸株式会社 代表取締役社長 三木 晴雄さん


すみだの「玉の肌石鹸」でお馴染みの、玉の肌石鹸、三木晴雄社長を取材させていただきました。ユートリヤでの講演の折、私どもからの誘いがきっかけで、後援会員になられたのだそうです。
 三木社長からは、すみだ学習ガーデンの活動について、「学習サポーターというボランティアの活動が活発に行われている様子に好感を持っています」さらに、墨田区の持っている資源活用として、「新日本フィルハーモニーなどと連携した、『音楽』関連の生涯学習講座やコンサートなどの新たな企画・実施を希望します」とのご意見もいただきました。また、玉の肌石鹸としても、「石鹸という製品を通じての講座が企画可能であれば協力したい」という力強いエールが送られました。
展示品三木社長は、国際協力NGOの認定特定非営利活動法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」の理事も務められています。その立場から、「NGOという国際的な公益活動を広く知ってもらう機会として、講座を企画して欲しい」とのご要望もいただきました。

今回の取材で、三木社長から貴重なご意見をいただき、たいへん温かいお人柄を感じた次第です。そして、私たちボランティア会員として、気持ちを新たにして活動に取り組む励みともなりました。お忙しい中、誠にありがとうございました。
(取材・松本)

すみだらしい学びに期待
丸源飲料工業 (株) 社長 阿部貴明さん

 

阿部貴明さん「トーキョーサイダー」でお馴染みの、丸源飲料工業社長の阿部貴明さんに、すみだ学習ガーデンの活動についてうかがいました。
 「ボランティアによるイベント開催や情報紙『みらい』の発行などの活動、そして豊富な生涯学習講座の企画・運営に好感をもっています。“すみだらしさ”をより深めた生涯学習講座を企画し、実施して欲しいと願っています。具体的には、『区の歴史』、『相撲』、『北斎』、『忠臣蔵』など、地域の特色を生かした講座を展開して、もっと墨田区のことを区民に知ってもらう機会をつくっていただけると、うれしいですね」
 墨田区観光協会理事長としても活躍される阿部さんから、今後のさくらカレッジ講座について、貴重なご意見もいただきました。
「東京スカイツリー開業以来、区外からの観光客が急激に増加している今、観光ガイド養成講座などを企画されて、墨田区民の中から観光ガイド・ボランティアを誕生させていくことも、大事なことだと思います」
 限りある時間でしたが、阿部さんの温かいお人柄に触れ、私たち、学習ガーデンのボランティアとして、心新たにして活動に取り組む励みとなったひと時でした。
 (取材・みらいチーム松本)

これからも地域とともに
(株)辰巳エンタープライズ 社長 田口 守さん

 

 ユートリヤのある東向島で業務用クリーニングを営まれている田口守さんは、東向島二丁目町会長として地域のために活躍されています。ユートリヤ設立当初は、安心して利用でき、地域に親しまれる施設をつくるために、役員として尽力してくださいました。
田口守さん「『みらい』はよく拝見していますよ。さくらカレッジは講座数も多く、活発に活動されていて、何も言うことはありません。ユートリヤは町会の周年行事に利用したり、講演を聴きに行ったり。年に一度のユートリヤ祭も楽しみにしています。先日は後援会員の招待でトレンドセミナーを聴講しました。 応募者が多くて抽選になったと聞き、驚きました! 小筆を使った実用的な書道の講座があったら、ぜひ受講したいですね」
 今回の取材を通じて、ユートリヤ設立当初からずっと見守っていただいている後援会員や地元町会の方々に支えられていることを、改めて実感することができました。田口さん、お忙しい中、取材に応えていただき、ありがとうございました。
 (取材・みらいチーム真田)

世代を超えた交流の和を
税理士菊池満雄事務所 所長 菊池満雄さん

菊池満雄さん白髭橋近くで、四十余年税理事務所を開業されている菊池満雄さんは、大学で教鞭をとり、墨田区の社会活動にも積極的に参加されるなど、多忙な毎日を送られています。後援会員になられたきっかけは、「社会から受けた恩を返したい」と思われたからだそうです。
 「学習ガーデンの楽しく学ぶ、学術遊芸の取り組みはとてもいいですね。墨田は代々続く店や場所が多く、揺らぎない地縁の強い所ですが、高齢化が進み、地域の活性化が必要になっています。先輩から後輩へ、知識や技術を教え、逆に、後輩が先輩のお世話をするような、世代間の交流を展開していけたらと思います。その場所として、ユートリヤやすみだ学習ガーデンは、なくてはならない存在です。これからも、NPOという立場で収益に捕らわれることなく、区民のために前進してください!」
 最後に、菊池さんから激励の言葉をいただきました。
 (取材・みらいチーム石橋)